剣道防具

衝撃から身体を守る防具|本来の力を剣道で発揮できる

動きやすさも重要

剣道

剣道の防具を購入する際の判断基準は人によってそれぞれありますが、その中でも重要となるのは身体に合っているかどうかです。正しい剣道のフォームを身に付けるためには、防具のサイズが重要となります。剣道防具のサイズが合っていないと、綺麗なフォームを作ることができなくなりますし、剣道の稽古をする上でもバランスが不安定になってしまいます。また、サイズが合っていないことで身体が痛くなってしまうこともありますし、衝撃から身体を防御できずに怪我をしてしまうこともあります。防具を購入する際は、身体のサイズを良く確認して、身体にフィットする防具を購入するようにしましょう。

子供の防具を購入する場合に多いケースとなるのが大きめのサイズを購入してしまうことです。子供は成長過程にあるので、あっという間にサイズが合わないといったことがあります。そのため、大きめの防具を購入する人もいますが、とても危険なことなのです。大きめの防具はブカブカで身体に固定をすることができなくなってしまうので、転んでしまった場合や衝撃が加わってしまった場合に、身体を守ってあげることができなくなってしまいます。そのため、子供の場合は、身体の成長に合わせてその都度防具を買い換えてあげる必要があるのです。また、身体を守る余り防具の頑丈さにこだわってしまうと防具自体が重たくなるものもあります。防具が重たいと、かえって動きにくくなってしまうので、動きやすさも重視するようにしましょう。